補聴器の形状

RIC/RITE

現在もっとも販売割合の多い形状になります。
各メーカーが、この形状から最新器種が発売されています。
また第二世代の充電式補聴器も発売され、以前に充電式補聴器で嫌な思いをした方も納得できる機能になっております。

各メーカーの試聴器をご用意しております。


耳あな型(IIC・CIC・ITC・ITE)

お客様の耳型を採りオーダーメイドの製品になります。
さまざまな大きさがあります。
耳への収まり方によって呼び名が変わります。

オーダーメイドの商品ですが、試聴(返品)が可能です。

 耳あな型(外マイク)

GNリサウンド社より、マイクを外に設置する事で本体をより小型にし、シェルの自由度をもたらしました。

 耳あな型(ダブルエアー)

GNリサウンド社より、ベント形状を工夫することで、こもり感を軽減する事ができます。


耳かけ型

軽度難聴から重度難聴まで対応出来る、さまざまな器種が販売されております。
また第二世代の充電式補聴器も発売され、以前に充電式補聴器で嫌な思いをした方も納得できる機能になっております。

当社では重度難聴対応の試聴器もご用意しております。


箱型

昔からある形状になります。
イヤホンを耳に差し込み使用します。
残念ながら販売台数が少ない為、製造から撤退しているメーカーが多いのが現状です。


骨導式補聴器

以前から存在するのですが、適応数が少なく基本的に医療機関でのフィッテングをお勧め致します。
(*伝音難聴の方が適応になる事がほとんどです。伝音難聴の場合には医療機関の受診が必須になります。)
当店でも取り扱っておりますが、メーカーから試聴器を借りる為、ご予約が必須です。